超薄型高遮熱の「リフレクティックス」

リフレクティックス
リフレクティックス社が持つ「優れた反射技術」は、超高熱環境で使用する宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として宇宙産業に採用されました。
以来、様々な技術を駆使し、進化し現在あるシンプル構造体のリフレクティックスが完成しました。
その構造は、両面アルミ箔に2枚のバブルポリエチレンシートと3枚のポリエチレンシートが内蔵された単純構造体です。
この高い遮熱性能をもつリフレクティックスは、暑さ寒さを快適に過ごす事に寄与した環境に優しい材料です。
しかも経費の節約とエネルギーの節約に大きく貢献します。
リフレクティックス

リフレクティックスの構造は、両面の高純度アルミ箔(純度99.99%)に、2枚のバブルポリエチレンシートと3枚のポリエチレンシートが内蔵された単純構造体です。

7層構造を支えるために接着剤ではなく、先端的なプラズマ溶着式を採用することで、接着剤ゼロを実現しました。接着剤からの劣化や剥離を防ぎ、高耐久性を追求しています。

劣化原因となる紫外線も99%反射するため、リフレクティックスは100年経っても再利用可能な商品です。

導入個所

リフレクティックス
建物の屋根・壁・床の建物外皮にすっぽりと、適切に施工することで魔法瓶のように熱の出入りを防ぐと同時に夏・冬のエネルギーロスを減らし、最大限の効果を発揮します。
夏場の暑さ対策であれば、屋根面または天井に施工するのが効果的です。
住宅だけでなく、工場や倉庫、店舗や事務所、冷凍施設など場所、建物用途に応じた施工が可能です。

リフレクティックスの効果

リフレクティックスは「夏涼しく、冬暖かい温熱環境」を実現します。
所定の遮熱工法によって建物の内外の温熱環境を絶縁し、外の熱の影響を受けにくく、室内の熱を逃がしにくくしますので、冷房と暖房の両方で効果が上がります。
年間空調費を50%以上削減できるケースも多く、最大エネルギー削減率は89%と、省エネ効果の高い工法です。
また月々のランニングコストを下げるだけではなく、新築の場合は初期の冷暖房設備の台数を減らすことができ、イニシャルコストも大幅に削減することが可能です。
そして、リフレクティックスの大きな特徴として「結露対策」も挙げられます。岩手県では「新技術活用促進事業」での結露対策工法として登録されています。
これからの地球環境を考え、住み心地の良い家作りに貢献すること。
働く方々が快適に仕事のできる工場や店舗、倉庫を増やすこと。
日本の建物のエネルギー使用を減らすこと。
そして、人と人とを結ぶ媒体商品であること。
それがリフレクティックスの使命です。

夏の暑さ対策

熱線を遮り、室内の冷エネルギーを逃さない。
太陽から絶え間なく降り注ぐ「電磁波(赤外線)」は各物体に入り込み、物体の構成分子を激しく動かし「輻射熱」を持たせます。
そして再び物体から温度の4乗に比例した「赤外線」が放射されるのです。
リフレクティックスは赤外線による輻射熱移動を99%カットし、室内の“涼しい”を約束します。
夏の暑さの原因
リフレクティックス
リフレクティックス
熱は対流・伝導・輻射によって温度の高い方から低い方へ、温度が等しくなるまで移動を続けます。
夏場、屋根・外壁は太陽の熱線によって熱され、赤外線によって段階的に熱が室内に侵入します。
ペンシルベニア州立大学の報告では、建物に対しての熱移動のおよそ65%から80%は赤外線由来の輻射熱によるものと述べています。
現在の断熱材では輻射熱を十分に対策できていないために、蓄積された熱が時間の経過とともに放射され、「夏になると暑い」という結果を招いていました。
熱移動の中で多くの割合を占める輻射を99%遮断し、対流と伝導は所定の工法によって、熱移動の3原則を複合的に対策することが、本来の「熱の移動を防ぐ」ことにつながるのです。
結露・カビ対策
空気層設置により結露対策も可能。洗浄することでカビも発生しません。
世界はこれまで、結露・カビ対策を諦めていました。
しかし、遮熱材リフレクティックスを適切に施工することで、
-25℃の低温環境でも結露のない空間を実現します。
リフレクティックスの働き
  • 透湿性を持たないため、外部の水蒸気の流入を防ぐ
  • 両面アルミ箔が内外の空気温度に同調し、建物内外の温度差を絶縁
  • 赤外線反射層(壁体内)の温度が数度高く、壁体内で低温空間が発生しにくい
結露発生のメカニズム
リフレクティックス
空気中には目に見えない水蒸気が含まれています。空気は高い温度の時ほど多く水蒸気を含むことができ、それぞれの温度で最大限含みうる水蒸気の量を「飽和水蒸気量」といいます。
暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされ、「飽和水蒸気量」を超えると余計な水蒸気が水に変わります。
これが結露の発生する仕組みで、乾いたグラスにビールを注いだ瞬間に水滴が付着するのも同じ現象です。
リフレクティックスを施工することで、水蒸気の流入を防ぎ、建物内外の温度差を絶縁することで、結露が起こりにくくなり、カビの発生を防ぎます。
遮熱と断熱の違い

遮熱と断熱はそれぞれの役割が異なります。
断熱材は「熱の伝わるスピードを遅くする」材料となっており、遮熱材は「熱(輻射熱)を反射させて跳ね返す」材料です。

リフレクティックス
リフレクティックス
ほとんどの建材は反射率が低く、外部の熱を吸収してしまいます。

従って夏は暑く冬は寒いという結果になってしまいます。

反射率99%のリフレクティックスは、ほとんどの熱線をはね返してしまいます。更に吸収された残りの1%は、エアーキャップによる断熱層が熱の伝導を防止しますので最強の遮熱であり、断熱材といえます。

 
反射率の比較
素材 反射率
99%
リフレクティックス 99%
98%
アルミ合金 75%~91%
アルミ蒸着品 35%~60%
レンガ 7%
ガラス 5%
スレート 8~10%
2~10%
タイル 5~15%
在来・高気密高断熱・リフレクト工法の3種実測値
リフレクティックス
リフレクティックス
リフレクティックス
社内データ調べ
工法別 最高外気温 最高室内温度 内外温度差
在来工法 35.0℃ 32.5℃ 2.5℃
高気密高断熱工法 32.5℃ 31.5℃ 1.0℃
リフレクト工法 35.0℃ 28.5℃ 6.5℃


リフレクティックスを使ったリフレクト工法の家は他工法2種に比べ、圧倒的な内外温度差を示しております。

厚さ8㎜のリフレクティックスが、一番快適な環境を創造していることを証明しました。
工場用、農業用、住宅など、用途は多彩
リフレクティックス
農業用
肉用動物の体重増加に及ぼす著しいストレス原因として、ブラックグローブ効果と呼ばれる自然現象があります。
リフレクティックスではこれを阻止し、牛乳生産では10%の増加、受胎率25%増も知られています。
ブロイラーでは、体重当たりの餌の交換率が15~40%アップします。
又、冬季はエネルギーの節約をもたらします。
リフレクティックス
ガレージ・プレハブ建物
ガレージの壁、天井に内貼りする事により、真夏の暑さを半永久的にカットしてしまいます。
プレハブ建物では、革命的な遮熱ハウスが期待できます。
リフレクティックス
床暖房システム
リフレクティックスを床下に一層貼ることにより、床に放射された輻射熱の99%を反射し、足元、床全体を快適に保ちます。
又、床下の湿気を100%カットし、細菌やカビの発生を防止します。
リフレクティックス
工場の改修
既存の屋根・壁をそのままにして、リフレクティックスと新しい屋根・壁を取り付けることにより、外部からの日射熱を遮熱し、夏の暑さを解消します。
工場内温熱環境を快適にすることで、作業効率の向上や既設空調機器からのCO2削減に大きく貢献します。
リフレクティックス
ダクト・配管保温
ダクトやパイプをリフレクティックスで巻くことにより、熱損失、熱取得、空気の洩れを除去することができ、冷暖房費を大幅に減少することが可能です。
吸水性ゼロの為、高圧洗浄機の洗浄も可能です。
リフレクティックス
高気密・高遮熱住宅
屋根、壁、床と、建物全体をリフレクティックスで覆った住宅は、高気密・高遮熱住宅となり、市販の断熱材では不可能な快適空間を作り出すことができます。
又、省エネルギー効果は絶大です。
リフレクティックスの特徴
高遮熱性 たった8mmの遮熱材リフレクト工法はお求めになりたいR値を実現することができます。
熱輻射 99.999%の高純度アルミをシート両面に使用のため、冬の冷輻射熱、夏の暖輻射熱を防御すると同時に室内の暖冷気を外に逃がしません。
広い使用温度範囲 -50℃〜80℃と広範な温度領域で使用可能です。
熱線(電磁波)カット率 熱線は電磁波です。電磁波の殆どをカットします。その他電子レンジから出るマイクロ波、高圧電線やOA機器から出る低周波磁波をカットし、電磁波障害に対応します。
利用空間拡大 超薄型で高い性能を発揮する為、取付空間が少なくてすみ、その分だけ空間が有効に利用できます。
安全性 腐食性や毒性、ガン原生等がなく非常に安全性が高い商品です。また、大気への汚染物質の放出はありません。
作業性 カッターやハサミで簡単に切断できるため、作業効率が非常に向上します。作業時はまぶしさ防止サングラス等必要。
多種の取付方法が可能 ボルト締、接着、釘打、縫いとじ、ホッチキス止め、鋲止め、テープ止め等、種々の取付方法が可能です。
強度が高い 圧縮強度40t/m²、引張強度2.64kg/mm²
密閉性 空気を完全に遮断しますので、高気密の空間を作ることができます。また、蒸気を阻止します。
耐久性 全体の層をプラズマ溶着しているので、剥離したり、破れたりすることはありません。また、酸化したり、分解したりすることもなく永久的なものといえます。
結露 対照温度差、相対湿度によるが空気層設置により結露対策が可能です。
清潔 細菌もカビも増殖しません。また、高圧洗浄機で洗浄することも可能です。
軽量 一平方メートル当たり305g程度の重さなので、運搬が非常に楽です。
廃棄物の減少 リフレクティックスは全量使い切る事ができます。
防水性 全く水を寄せ付けませんので防水シートの必要もありません。(継手部はラップさせ上端材の空気を抜きテープ処理する)

TOP